晴れときどき二胡

ケ・セラ・セラな 日常と、ときどき二胡のお話です ... の筈でした

 

小さなサンクチュアリ

猛暑もやっと終わり、過ごしやすくなってきました。
我が家のバルコニーでは、エノコログサ(俗称:猫じゃらし)が花穂をつけています。
夏から秋にかけて日本中で見かけるおなじみの雑草です。
もう10年以上前、文字通り我が家の猫たちのために採ってきたものを
猫がさんざんじゃれついた後、プランターに蒔いておいたら
見事に繁殖しました。さすが雑草の強さですね。(笑)
小さな自然に心が和みます。

IMG_0223 downsize

IMG_0235 downsize

最上階に住んでいるせいか、様々な鳥がバルコニーに憩いにやってきます。
ヒヨドリ、カラス、ツバメ、時にはハヤブサが小さな鳥を狙ってくることもあります。
我が家への来客で最大勢力を誇るのが、この雀たち。

IMG_0212 downsize

IMG_0197 downsize

IMG_0204 downsize

数年前、寒い冬に餌もなくひもじかろうと、つい親心でパン屑などを与えたところ
今では、毎日200羽を越える雀たちが来るようになりました。
まだ親離れできていない小雀たちが口を大きくあけて羽をバタバタさせながら
親雀に餌を欲しがる姿をみていると癒されます。
晴れの日も雨の日も、朝と夕方やって来てはピーチクパーチクと囀りながらリラックスして
羽づくろいや砂浴びなどてんで好きなことをしています。
家の中からふと外を見ると、じーっとこちらを見つめている200羽の雀、雀、雀… 。
なぜか昔見た、ヒチコック監督のホラー映画を思い出したりします。(笑)
でもきっと雀たちにとってはここは貴重な憩いのサンクチュアリなのでしょう。



スポンサーサイト

松脂の話

二胡を始めて5年半。気になったことは追求せずにはおられない困った性格。
二胡という楽器本体だけではなく、演奏に欠かせない小物たちにも結構こだわってきました。
今日は「松脂」についてのお話です。

二胡を演奏するときには弓を使います。そして弓の毛に塗りこむ松脂は必需品です。
これでもまだ一部ですが、今まで試してみた松脂たちです。



二胡には楽器を買うときに付属品として専用の松脂がオマケでついてくることが多いのですが、
やはりバイオリンの松脂のバリエーションの多彩さにはかないません。
そこで私が最初に試したバイオリン用の松脂が、この「ベルナルデル」でした。

「ベルナルデル」(フランス製)

IMG_0188.jpg

「ベルナルデル」は多くのバイオリニストが使っている定番商品として絶大な人気を誇っています。

私の個人的な使用感は、

サラッとしていて夏場でもべトつかず、かつ弦への引っかかりも強すぎず弱すぎず適度である。
粒子はほんの少しだけザラザラ感がありますが、それがこの松脂の存在感を主張しているようです。
この感覚が定番商品と言われるほどの万人向けの優等生ということなのでしょうか。

というわけで、この「ベルナルデル」をひとつのベンチマークと見立て、
性質が比較的近く、評判の高い松脂を探して次々と買い漁ることで
私の長ーい松脂遍歴が始まったのでした。(笑)

一般的に松脂の粘度が高ければ、弦へのグリップ感やアタック感も強いが、弦にこびりつきやすく
特に夏場は弦がベトついて演奏や音質に影響します。粒子の細かさ・荒さは運弓のときの
フィーリングに影響し、それが特に長弓の時などは音質にも関わってくるように感じます。

この「粘度」「グリップ感」「粒子感」のベストマッチングを求めて、試行錯誤の結果
私なりのお気に入り、BEST5となったのは次の5製品です。

「ラーセン」(デンマーク製)
 ごつい形に驚きますが、使っているうちに上面がちゃんとたいらになってきます。
 手早く出し入れしやすく、かさばらないので持ち運びが楽です。
 真空製法で不純物なし松脂アレルギーにもなりにくいそうです。

IMG_0170.jpg


「ジャン・フランシス・ラファン」(フランス製)
 著名な弓鑑定家の手になる松脂ですが絶版になりました。ラファン名の後継製品が出ています。
 バッケージの高級感、出し入れの容易さ、弓毛への塗りやすさは秀逸です。

IMG_0175.jpg


「ギヨーム」(フランス製、著名な弓メーカーの松脂)
 メイプルのケース入りの定番。エコノミーなアルミ缶いりもあります。

IMG_0191.jpg


「メロス・ライト」(写真右、ギリシャ製)
 写真左はバロックバイオリン用で粘度高く驚きのグリップ感あり。ただ夏場は苦手。
 私はライトと塗り混ぜて使うこともあります。

IMG_0181.jpg


「アルシェ201 solo」(日本製、弓メーカーの松脂)
 5製品中最も粘度が低いように感じます。が、solo演奏用だけあってグリッブ感は強いです。
 この松脂もアレルギーになりにくい特殊製法でつくっているそうです。

IMG_0184.jpg


ちなみに私の好みのマッチングは

「粘度」サラサラだが粉があまり出ない
「弦のグリップ感」比較的強め、かつレスポンスが早い
「粒子感」クリーミィで滑らか

上記の5製品は、微妙に個性が少しずつ違うものの、
5つとも良く似た傾向をもち、甲乙つけがたいと思っています。
弓への塗りやすさ、携帯性、パッケージの形などで好みが分かれるところです。

毎日、適当に二胡を練習しているときには、あまり違いは感じませんが、
気合いを入れて5〜6時間も練習する時は、松脂のわずかな違いが気になってきます。
松脂は基本的に弓ごとに変えて取っ替え引っ替えしながら悩んだりして楽しんでいます。(笑)
ただし世の中の松脂をすべて試した訳ではないので、
もっと素敵な松脂にこれから出会うかもしれません。(笑)

弓の話はまた違う機会にしたいと思います。



9月の空

9月ともなると我が家から眺める空の雰囲気も変わってきます。
少しずつですが秋の気配が感じられます。
本日からブログを始めました。
どうぞよろしく。

IMG_0029_convert_20120913201349.jpg


プロフィール

Oyran

Author:Oyran
♂ 神戸市在住

アーカイブ
過去の全てのタイトルは         このリンクをクリック

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【3件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【7件】
2014年 10月 【7件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【8件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【14件】
2014年 02月 【11件】
2014年 01月 【16件】
2013年 12月 【18件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【20件】
2013年 09月 【22件】
2013年 08月 【24件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【24件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【7件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【3件】

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09