晴れときどき二胡

ケ・セラ・セラな 日常と、ときどき二胡のお話です ... の筈でした

 

夏越しの心象

今日は6月30日。
日本古来の考え方では、6月の晦日(みそか)は12月の大晦日(おおみそか)に対応して、前の半年の最終日にあたっています。
大晦日が新年を迎えるための大切な「年越しの祓え(はらえ)」の日であるのと同じように、6月の晦日も神様に一年の前半の
あいだの無事を感謝し収穫までのあとの半年の無事を祈るため、罪や穢れを落とす「夏越し(なごし)の祓え」
日と考えられたのです。
夏越しの祓えでは、今もなお多くの神社に茅草(ちぐさ)でつくった輪が立てられ、茅の輪(ちのわ)くぐりが行われます。

と、そんな先人の知恵を思い出しながら迎える6月30日。まだまだ季節は梅雨の真っ最中、また夕刻から雨模様です。
梅雨は湿りがちで、確かに鬱陶しい季節なのではありますが、かんかん照りの真夏には決してない光と影の微妙な変幻が
楽しめる季節でもあると感じています。

今日は、そんな夏越しの日の光景を楽しんでみました。

我が家の薔薇の葉の上に残った大きな雨粒。
P6260494.jpg

外を歩くと、車のリアウインドウに映る光と雲と木々のシルエットが、別世界を覗いているようで魅せられます。
P6280546.jpg

梅雨の幕間の空を見上げると、何だかドラクロア風の絵画のように感じられます。私もドラマチックに切り撮ってみました。
P6280608.jpg

P6280634.jpg

P6280653.jpg

公園では、合歓の木(ねむのき)が、花は落ちてしまいましたが、昼間は頑張って葉っぱたちが開いていますねー。(笑)
P6280569.jpg

今日は子どもたちの姿も疎らな公園。でもブランコが揺れていました。
P6280685.jpg

P6280677.jpg

アメンボウは、何だかとっても忙しそうです。激しく動き回るので写真を撮るのにも一苦労です。(笑)
P6280672.jpg

花壇で、トンボ君と目が合っちゃいました。(笑)
P6280584.jpg


元町の神戸大丸百貨店のデパ地下で、生の串カツを買ってきて、久しぶりに家で揚げました。
P6270525.jpg

「ソース二度づけ禁止 !!」と貼られた、賑やかなお店で食べる串カツは本当に美味しいものですが
我が家でゆっくりといただくのも、またいいものですねー。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


スポンサーサイト

木漏れ日と深緑と

今年の神戸は梅雨入り後に雨の日は幾日かありましたが、幸いにもまだゲリラ豪雨のような大崩れには見舞われていません。
今日も穏やかな晴天となり、絶好の散策日和となりました。最高気温も過ごしやすい28〜29℃といったところでしょうか。

いつもの散歩道の木々の緑も、また一段と濃くなってきたようです。今日は木陰の散歩道からの風景です。

我が家のある建物の敷地内に並ぶ、銀杏並木も緑濃い木陰を作っています。
P6250488.jpg

夏の光をしっかりと浴びた葉っぱたちが、気持ち良さそうですねー。
P6240353.jpg

おや、もうギンナンの青い実もたくさんついていますねー。
P6240365.jpg

松の木にも、若い立派な松ぼっくりができています。
P6250472.jpg

緑の多い散歩道では、ゆっくりと歩きながら木々の奥を覗き込むと、様々な素敵な自然の造形に出会えます。

なんの変哲も無い葉っぱたちの存在感に、不思議と惹きつけられてしまいます。
P6240300.jpg

P6240302.jpg

P6240306.jpg

これはまだ若葉の赤色でしょうか ? みんな輝いていますねー。
P6240310.jpg

桜の木にちゃっかりと同居しているキノコたちを見つけました。
P6240321.jpg

森の中で静かに役目を終えた枯葉も、またイイ感じですねー。
P6240318.jpg

原っぱでは、シロツメグサたちが風に揺れていました。
P6240332.jpg


最近外食がめっきりと減ったのですが、今日は久しぶりに、新在家のお蕎麦屋さんでお昼をいただきました。
P6240001.jpg

あ、ざる蕎麦は今年初めてかな ? サクサク天婦羅も久しぶりです。あああー、これは、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


夏至のかたち

まだ梅雨の真っ最中なのですが、早いもので、今年ももう明日が夏至となります。
夏至前日の日曜日、神戸はとてもいいお天気となりました。

我が街の公園のモニュメントの少年も、本格的な夏へ向けての進軍ラッパを吹いているようです。
P6200024.jpg

今日は、真夏のような陽射しでしたので、午後遅くからの散策となりました。
緑の多い木陰のスカイウォークを歩いていると、下の石畳に落ちるプラタナスの影がとっても心地良さそうでした。
P6210230.jpg

穴の空いた葉っぱたちを見上げていると、高い建物の避雷針に午後の斜光が輝きました。なんだかいい感じです。
P6210123.jpg

美術館の丘の木陰の岩の上で寛いでいるのは、花子ちゃん。そこは涼しそうでイイねー。
P6210105.jpg

途中で、何だか見つめられているような気がしました。影の中の黒猫くんは忍者みたいでわかりにくいなあー。(笑)
P6210193.jpg

屋上庭園の暗がりでは、イネ科の野草たちでしょうか、木漏れ日の逆光に輝いていました。
P6210187.jpg

こちらは今にも咲きそうなアガパンサス。夏らしい花ですね。
P6210196.jpg

ザクロの小さな実がなっていました。
P6210181.jpg

柿の木にも、もう小さな青い柿の実ができています。秋はまだまだ先なのに、植物たちは本当に準備がいいですよねー。(笑)
P6210226.jpg

今日は水の出ていない噴水の石塔の上のシルエットひとつ。もう寝ぐらへ帰る時間かな。
P6210241.jpg

夕刻、陽が沈むころ、街のインド料理店にも明かりが灯りました。さあ私も帰ろうー。
P6210250.jpg

我が街のチーズ売り場で見つけた珍しいチーズ。チェダーポーター です。
アイルランド名産の黒ビール練り込みチーズです。何だか大理石かべっ甲のようですよねー。
P6200042.jpg

ワインとともにいただきました。
コクのある味わいに黒ビールの苦味が絶品です。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


新緑と木漏れ日と

梅雨とはいえ、神戸は比較的過ごしやすい日々が続いています。

今日の午前中、クーパー君に乗って久しぶりに訪れたのは、フェリー乗り場の彼方に我が家からも望める 南芦屋浜
防波堤の上の駐車場の車の中から海を隔て、5kmほど離れた我が街が、望遠レンズの圧縮効果ですぐ近くに見えますねー。
P6172896.jpg

平日ということもあり、広大な人工浜には人影もまばらでした。
DSC_0026.jpg

子どもたちにとって、波打ち際での水遊びは、思い出に残る楽しいひと時ですねー。
P6172840.jpg

貝殻が一つ、波に打ち寄せられてきました。たまには砂浜でのんびりと佇むのもいいものですね。
P6172828.jpg

さて、我が街に戻っての午後の散歩となりました。
今、街中でこのクチナシの花が満開を迎えています。深い緑の葉色と花の白さ、いい香りがそこら中に漂います。
P6172820.jpg

桜の季節に、薄桃色の花を楽しませてくれたアーモンド(扁桃)の木には、今年も立派なアーモンドの実がつき始めました。
P6172915.jpg

今日は陽射しが少しありますので、木立の下の散歩道。
上を見ながら歩いていると、木漏れ日の中でケヤキの葉たちが、輝いているようでした。
P6172950.jpg

こちらはヒイラギの若葉ですねー。
P6172965.jpg

樫の木の葉たちも、みんな輝いています。
P6172994.jpg

メタセコイアの葉たちの稠密なフォルムも、もんこんなに立派に成長しました。
P6173001.jpg

梅雨はまだまだ続きますが、もうすぐ夏至。いよいよ夏の盛りですねー。

帰り道に、美味しそうな鯛のアラを見つけましたので、アラ煮にしました。
P6162801.jpg

私は魚はお刺身よりも焼いたり煮たりの方が好物ですので、アラ煮も大好きです。目の下のところ最高ですねー。
あああー、これは、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


梅雨の晴れ間に

朝まで降っていた雨も上がって、神戸は梅雨の晴れ間の1日となりました。

のっぽのワシントンヤシの間から見上げる空は、少し雲がかかっていますが、時折夏の陽射しが降り注いてきます。
IMG_1751.jpg

今日は木陰を歩いていても、かなりの蒸し暑さを感じるほどでした。これからは熱中症にも要注意ですねー。
P6122791.jpg

でも、この季節の草花たちはとっても元気です。

ワシントンヤシの下の原っぱは、今年は無数のヒメジョオンたちにワサワサと埋め尽くされていました。
P6122779.jpg

P6122776.jpg

そのすぐ近くにあるビオトープの小さな池で、水面を覆い尽くしているのはアサザの葉っぱたちです。
IMG_1739.jpg

昨夜来の雨粒が、まだ乗っかっていますねー。
P6122739.jpg

そしてこの池で、毎年私も楽しみにしているのが、この半夏生(ハンゲショウ)。今年も育ってくれました。
IMG_1725.jpg

池の周りのシダも、随分と大きく育ってきましたねー。
IMG_1742.jpg

ブラブラと歩いていると、たくさんの実がなっているヤマモモの木に出会いました。んまそーっ、ジャムにしたいなー。 (笑)
IMG_1720_20150612160810ca8.jpg

ああ、このフワフワした花はネムノキですねー。この木は夜になると葉を閉じて眠るのですよねー。(笑)
IMG_1759.jpg

今年最初のハツユキカズラも見つけました。このほんのりと色づいていて清楚な感じが私は大好きです。
P6072589.jpg

梅雨の主役といえば、やっぱり何と言ってもこの紫陽花ですねー。白のおしゃれな装いもとてもいいですよねー。
P6072607.jpg

日が落ちる頃、我が家のお向かいの屋根の上には、寝ぐらに帰るムクドリたちが集合していました。おやすみー。
P6092715.jpg


今日は久しぶりに女房殿特製のハンバーグです。これは私の大好物です。

P6122800.jpg

いつもながら肉の食感と肉汁のジューシーさが絶品です。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


芒種 (ぼうしゅ)の散歩道

旧暦、二十四節気の芒種 (ぼうしゅ)は、古来より穂の出る穀物の種を蒔く時季となります。
芒種の「芒( のぎ)」とは成長した穀物の穂先にある針のような突起のことです。そしてこの時季は梅雨の季節でもあります。
すでに数日前に梅雨入り宣言のあった神戸ですが、本日は雨は降らずに曇り空でした。

人工島の我が街と陸地を繋ぐ六甲大橋の彼方に、曇り空の方が、なぜか六甲の山並みがくっきりと見えるような気がします。
P6072562.jpg

梅雨の合間の日曜日の散歩道。

路傍にひっそりと立つニワナナカマド(庭七竃)の蕾が、とっても素敵な形を造ってくれていますねー。
P6072544.jpg

ハルジオンの花が、すっかりと終わって綿毛となり
P6072632.jpg

今はヒメジョオンの花たちが、全盛期を迎えています。
P6072595.jpg

歩道橋から下を覗き込むと、プラタナスの大小の葉っぱたちが。「親亀の背中に子亀を乗せて〜」の唄を思い出しました。(笑)
P6072567.jpg

こちらは実がすっかり落ちたクスノキです。自然の造形って、何だか見とれてしまいますねー。
P6072571.jpg

モミジも着々と準備を始めたようですね。秋はまだまだ先ですけれどねー。
P6072673.jpg

今日は、以前の記事でもご紹介したことがありますが、我が街のお洒落な革製品のお店、ル・ボナーさんに立ち寄りました。
ここは日本でも著名な鞄職人である、松本さんご夫妻 (ボンジョルノさんとハミさん)の工房とお店なのです。
P6072553.jpg

お店に並んでいる作品はどれも素晴らしく、どの作品も見ているそばから欲しくなってしまいます。(笑)
P6072548.jpg

P6072549.jpg

ル・ボナー (ショップサイト) ル・ボナーの1日 (ブログ)

かれこれ20年以上にも亘って、このル・ボナーさんの作品を何点かずつ愛用させていただいている、私たち夫婦ですが
今日は、新しいお散歩用のショルダーバッグを2点いただいてきました。

ゴールド色のパパス・ショルダー
P6072680.jpg

P6072698.jpg

オレンジ色のオブレ
P6072703.jpg

150年の歴史を誇るドイツの老舗タンナーの「ペリンガー社」のシュランケンカーフを、日本で初めて使ったバッグの数々は
ル・ボナーさんの定番製品でもあります。丁寧な作りとこの革の感触と発色は絶品だと思います。
外出時にいつもカメラを手放せないカメラ愛好家にとっては、見た目からは想像できないような収納力も魅力です。
また愛用品が増えました。散歩の相棒として、大事に使っていこうと思います。

さてさて、今日は旬の「釜揚げしらす」を使って、 しらす丼 を作ってみました。
P6042535.jpg

たっぷりの大葉の上に、山盛りに乗せたしらす丼です。あああー、これは、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。

麦秋 (ばくしゅう) 至る

6月になりました。

このところの神戸は、穏やかなお天気続きです。
初夏の眩しい陽射しを和らげてくれるかのように、時折、面白い形の雲も浮かびます。
P5292472.jpg

この時季は、草花たちがどんどんと伸びていく季節でもあります。
七十二候では、麦が熟して収穫を迎える時季でもあることから、古来、「麦秋至る」と呼び習わしておりました。

我が家近くの公園の原っぱでは、麦と同じイネ科のイヌムギの仲間でしょうか、グングンと勢いを増してきました。
P5292463.jpg

そしてこちらもイネ科で麦っぽい形の、小判草 (コバンソウ)。独特の形が風に揺れていました。
P5292440.jpg

小判草の背景となって、びっしりと群生を形成しているのが、姫小判草 (ヒメコバンソウ)です。
P5292429.jpg

近づいて覗き込むと、何やら黄金色の銀河の世界を見ているような不思議な感覚になりますねー。
P5292435.jpg

野草たちは本当に逞しいですねー。(笑)
P5292393.jpg

花たちも負けてはいません。
今年も真っ白なアナベルが、なにやら気高い雰囲気を漂わせています。
P5292391.jpg

紫陽花の、何というこの青さ !! まあー、見事ですねー。
P6012519.jpg

そしてこれは、ボタンクサギの花でしょうか。この緻密感溢れる造形と色鮮やかさには、惹かれます。
P5292481.jpg

水辺では雀たちに混じって、ムクドリが水浴びしていました。ずぶ濡れだねー。(笑)
これからは。日に日に水の季節ともなっていくのですねー。
P5292477.jpg


さて今日は、所用がありクーパー君を駆って、久しぶりの京都へ行ってきました。
京都は私が貧乏な学生時代を含めて10年間暮らした、懐かしい街です。(笑) 古都も少しずつですが変化を遂げていました。

お昼は、お洒落なファッション発信の街へと変貌した、「北山通り」の焼肉店で、近江牛をいただきました。
学生の頃、京野菜の畑が広がっていて、学生相手の安下宿屋も多かったこの界隈には、色々な思い出があります。
(尤も、私自身は東山の松原や大和大路界隈といった、芸妓はんも歩く花街のど真ん中をずっと棲み家としておりましたが…笑 )
P6012530.jpg

女房殿と2人、若かった昔を懐かしく思い出しながらの昼食となりました。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


プロフィール

Oyran

Author:Oyran
♂ 神戸市在住

アーカイブ
過去の全てのタイトルは         このリンクをクリック

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【3件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【7件】
2014年 10月 【7件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【8件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【14件】
2014年 02月 【11件】
2014年 01月 【16件】
2013年 12月 【18件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【20件】
2013年 09月 【22件】
2013年 08月 【24件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【24件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【7件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【3件】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06