晴れときどき二胡

ケ・セラ・セラな 日常と、ときどき二胡のお話です ... の筈でした

 

懐旧の散歩道

一昨日から、我が故郷の札幌に滞在しています。
ススキノ交差点から少し東の豊平川にかかる豊平橋の袂にあるホテルでのんびりとしています。

さすがに神戸ほどではないのですが、札幌も意外と暑さが厳しい夏の真っ盛りでした。

札幌の街を流れる豊平川。2〜3歳ぐらいの頃、この河原で遊んでいた遠い記憶が甦りました。
P7280756.jpg

上流へ歩くと、中島公園があります。緑が多く空気がひんやりと変わったのが感じられました。
P7280828.jpg

菖蒲池からパークホテルを望みます。昔よくこの池で手漕ぎのボートに乗ったものでした。
P7280787.jpg

あちこちに紫陽花が咲いていました。
P7280809.jpg

P7280781.jpg

池のほとりには、とても大きな柳の木。
P7280792.jpg

合歓の木の花も、今が満開です。
P7280826.jpg

中島公園の南隣には護国神社があります。人も殆ど訪れず静かに時が流れているようでした。
P7280835.jpg

さらに南へ歩くと、45年前に卒業した我が母校。もうすっかりと校舎は建て替えられて変わっていました。
P7280863.jpg

私が高校1年生の時に店をオープンし、私もよく通い詰めていたお好み焼き屋さん、まだ健在でした。
P7280858.jpg

札幌にはまだ市電が残っているところがあります。高校の横を今も走っています。私も昔これに乗って通っていました。
P7280869.jpg

懐かしくて乗ってみました。ぐるりと回って市街中心部へと戻ります。
P7280887.jpg

ちょっとしたセンチメンタルジャーニーとなりましたねー。(笑)

さて、札幌へ来た時にたびたび寄るススキノの海鮮居酒屋さんで、北国の美味しいものを頂きました。
この毛ガニ、毎日10杯限定ですが一杯なんと500円なのです。ここへ来るともちろん必ず注文します。(笑)
P7270740.jpg

北国の海の幸、山の幸を堪能しました。あああー、やっぱり、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


スポンサーサイト

斜光の中で

二十四節気の大暑を迎え、神戸も猛暑の週末を迎えています。

しかし台風が直撃している沖縄、奄美、南九州などが心配です。大して被害が出なければよいのですが。
我が街の港からも直行のフェリーが発着しているのです。
P7250647.jpg

さて、あまりの暑さにめげてしまい、夕刻からの今日の散策となりました。今日はそんな斜光の中の街景色です。

蝉たちは今日も元気に、一日中鳴きまくっています。(笑)
P7200376.jpg

夕方の5時前とはいえ、街路樹の上からも、まだまだ強烈な光が射してきています。
P7250551.jpg

しかし斜光の中で眺める丘の上の散歩道は、いつもとはまた違った雰囲気を醸し出しているようです。
P7250612.jpg

私も、長ーい影です。(笑)
P7250606.jpg

道端の植え込みの葉っぱたちも、みんな斜光に輝いていますねー。
P7250658.jpg

静かに停止している公園のブランコ。もう誰も乗っていません。
P7250564.jpg

ビルの窓が、煌めき始めました。
P7250653.jpg

公園の水面に映る模様です。( 私の世代は大昔、こんなのをサイケデリックと呼んでいましたよ。笑 )
P7180217.jpg

水辺では、子どもたちが元気に遊んでいます。
P7250691.jpg

西日がどんどん眩しくなってきたようです。
P7250708.jpg

じゃあ、そろそろお家に帰りましょうかねー。

さて、今日はいつものOyran流とはちょっと変えた味付けで、鶏の唐揚げのワンプレートディナーを作ってみました。
P7253470.jpg

うん、醤油ベースの漬け込みバッチリ、衣もサックサクにできました。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


夏ノ白日夢

さあ、真夏がやってきました。

昼下がりに一歩外へ出ると、もうそこは真夏の太陽ギンギンギラギラの世界です。
P7200420.jpg

朝方から我が家の前で大合唱していた蝉たちも、午後はあまりの暑さに、じっと休憩しているようです。(笑)
P7200536.jpg

この季節の午後からの散策は、ちょっと危険かもしれませんねー。
今日は、猛暑にボーッとなりつつも、まるで白日夢のような街の景色を切り撮ってみました。

さくらさくら。やさしい木陰。
P7200359.jpg

みんな揺れてる。サワサワ、サワサワサワ…。
P7200405.jpg

なんというか、とにかく黄色は元気だよ。
P7200454.jpg

やあ、ちょっと座ろ。
P7200496.jpg

うん。木陰はいいよね。
P7200442.jpg

ふふ、夢の世界へようこそ。
P7200492.jpg

サワサワ…
P7200503.jpg

ゆらゆら…
P7200511.jpg

サワサワ…
P7200523.jpg

ずーっと仲良し…。ね。
P7200530.jpg

え、花子ちゃん、何 ?
P7200388.jpg

夢から覚めたら、ごはんの時間でした。(笑)

今、ナスと甘長唐辛子の美味しい季節ですね。今日はサッと味噌炒めにしてみました。
P7213438.jpg

ナスの旨味、甘長唐辛子の食感、ピリ甘辛の味噌味ともう相性抜群ですね。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


嵐のあとで…

今度の台風11号は、神戸の街から遠ざかっているにもかかわらず、丸一日以上に亘って大量の激しい雨をもたらしました。
昨夜は大雨のため関西一円の交通網があちこちで麻痺したり、土砂災害に備えて避難勧告が出された地区も多かったようです。

今日は、嵐が去ってすっかりと雨も止み、いつもより少し涼しく感じるような土曜日となりました。

でも、まだ我が街の上空には、一面に薄い雲がかかっていて、夏の陽射しを遮ってくれています。
P7180147.jpg

今日の散策は、嵐の余韻が残る曇り空のもと、私が心に感じた我が街の色彩とシーンを切り撮ってみようと思いました。
P7180191.jpg

嵐が、プラタナスの葉や実を散らしていました。
P7180209.jpg

同じプラタナスのこの枯葉は、しぶとく頑張り抜いたようですねー。(笑)
P7180206.jpg

空中庭園で見つけた、これは百合の仲間でしょうか。存在感があります。
P7180164.jpg

庭園の片隅の暗がりの中で、ヤブツバキの実も、こんなに赤く大きくなってきています。
P7180173.jpg

紫陽花がまだ頑張っていました。この花はこういう静かなシーンにとってもよく似合っていますねー。
P7180175.jpg

人目を避けるようにひっそりと咲いている小さなバラの花も、可憐な佇まいを見せてくれていますねー。
P7180241.jpg

透過光に輝く白いムクゲの花は、神々しい感じすらします。
P7180254.jpg

ひっそりと寄り添うような、猫じゃらしたち。
P7180277.jpg

今朝目覚めたら、我が家の周りでセミたちが割れんばかりの大合唱をしていました。大雨で慌てて出てきたのかなー。(笑)
P7183418.jpg

嵐のあとは、いよいよ本気の真夏がやってくるのかなー。(笑)

さて今日は黒毛和牛の赤身をたっぷりとつかって、Oyran特製のステーキ丼です。

P7183421.jpg

バターソテーしたタマネギや、醤油ペパー味の甘長唐辛子との組み合わせも絶妙です。
あああー、これは、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


あつはなつい !!

いやはや、急に真夏がやってきましたねー。
海と山に囲まれて比較的風通しの良い神戸の街も、家の中から一歩外へ出てみれば、ギラギラと直射日光が照りつける
うだるような暑さです。

そんな中、猛暑にもめげずに今日も元気に街歩き。(笑)

昨日、私の元へ新しいカメラがやってきました。
私は実は大のCANONファンでして、もう数十年間数え切れないほどのカメラとレンズの蒐集にハマってしまっているのですが
(これを世間では「カメラ沼」「レンズ沼」と呼びます。笑) この1年半ほどは、EVF (電子ファインダー)つきの小さくて軽い
OLYMPUSのコンデジを、散歩の折などに愛用していました。そのコンデジの使い勝手が、予想を超えて素晴らしかったので
同じOLYMPUSのEVFつきのミラーレスカメラと大口径レンズを、ちょっと試してみようかと思い立ちました。

そんなわけで、我が機材たちの仲間に加わったのがこれです。
P7153402.jpg

フルサイズ一眼レフのOVFに匹敵する倍率を持ったこのEVF。逆光を利用した撮影シーンが比較的好きな私にとっては
太陽を直接見ても眼がやられないのは嬉しいですねー。フォーサーズサイズのセンサーですが写りもとっても素晴らしいです。
大口径レンズをつけても、同等のCANON機材の半分くらいの大きさ・重さは、年寄りにはもう大変有り難いですね。(笑)

早速、試し撮りのお散歩へ。

それにしても アヂーー !! ですねー。ヒマワリ君も、もうぐったりかなー。
P7150085.jpg

なるべく日陰を選んで歩きましょう。木陰がくっきりと気持ちよさそうです。
P7150008.jpg

公園の小さな運河の水の流れが、とっても涼しそうです。
P6280622.jpg

白ミケのゆう君が縄張りにしている場所に、見かけないニャンコがいました。
P7103354.jpg

あんまり暑いので、君も木陰を探してやってきたのかなー。
P7103357.jpg

少し歩くと、美術館裏の去年キノコを見つけた同じところに、今年もまた大きなキノコが傘を開いていました。
P7103373.jpg

ドングリの実が、もうこんなに大きくなっています。
P7150033.jpg

椰子の木たちを見上げると、太陽が強烈に眩しいです。(笑)
P7150014.jpg

気がつけば我が街の南端の、マリンパークまで来ていました。今日は海を隔てた彼方に大阪の街もよく見えていました。
P7150053_20150715201119cd5.jpg

さあ、熱中症にならないうちに、帰ることにしましょう。(笑)

今日は新鮮な本マグロの赤身が手に入りましたので、煮切り酒、みりんと醤油にサッと漬けてマグロのづけ丼にしてみました。
P7113376.jpg

このとってもシンプルなものが、もう…たまりません。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


温風至る

夏至が終わると、二十四節気の 小暑 (しょうしょ) 、その初候は 「温風 (おんぷう)至る」と呼ばれます。
古来、夏の風が熱気を運んでくる頃とされています。
その名の通り、梅雨明けはまだまだ先のようですが、神戸は2日ほど前から急に蒸し暑くなりました。
今年は、ここまではほとんど必要のなかった我が家のエアコンにも、やっと出番が回ってきたようです。

台風も接近して来ているようですが、梅雨の晴れ間となった土曜日です。

横断歩道橋の上から、下のアスファルトの道路を覗き込むと、リズム良く互生に伸びた葉っぱたちを見つけました。
P7110876.jpg

小さな枝々から互い違いに伸びている小さな葉柄、そこからまたさらに広がっていく葉脈。自然の造形美には感心しますねー。

街をのんびりと散策していると、そういう自然が造り出した、かたちや質感にハッとさせられることが多いのです。
今日は、私が魅せられたそんな光景を切り撮ってみました。

季節の主役の一つである爽やかなアガパンサスも、曇り空ではメタリックな質感に凄みを感じてしまいます。
P7110980.jpg

これは何かの花跡でしょうか、フォルムが印象的ですねー。
P7110840.jpg

カゼクサは、注意深く見てくれる人にだけ、とても美しいテクスチャとしての姿を現してくれます。
P7110862.jpg

ああ、一本だけ存在感のある猫じゃらし発見。晴れ舞台ですねー。猫じゃらしの浮き立つ気持ちを、ハイキーで表現しました。
P7110853.jpg

まだ真っ赤に熟す前の、珊瑚樹の実です。
P7110891.jpg

虫たちのご馳走になった葉っぱ。いい顔をしていますねー。
P7110834.jpg

枯れゆく葉っぱたちにも、何故か美学のようなものを感じます。
P7110906.jpg

P7110914.jpg

街角の植栽の中で見つけました。シロタエギクかな ? 面白い質感ですねー。なぜか地獄の黙示録思いだしましたー。(笑)
P7110955.jpg

梅雨の晴れ間の散歩道。今日も、素晴らしい一日でした。

今日は、市販のローストビーフで簡単な丼を作ってみました。
P7093335.jpg

温泉玉子とカリカリのにんにくチップがOyran流。たれはワサビ醤油です。ああ、これは、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


雨にぬれても…

神戸は、雨の七夕となりました。
傘をさしながら雨の中を散策していると、頭の中にあのメロディーが浮かんできました。

♪ Raindrops keep falling on my head …

高校生の頃に観た、この唄が出てくる映画「明日に向かって撃て !」のラストシーンのストップモーションは
映画の長い歴史に新風を吹き込んだ名シーンでしたねー。半世紀近く経った今でも鮮明に想い出されます。

そんなことを考えながら、七夕の日のさまざまなRaindrops keep falling on my headを切り撮ってみました。

P7073179.jpg

P7073216.jpg

P7073261.jpg

P7073236.jpg

P7073250.jpg

P7073266.jpg

P7073198.jpg

雨の散策も、また楽しからずや。

最近よく出回るようになったモロッコインゲン。なかなか美味しい食材ですね。この季節、我が家ではよくいただきます。
今日はゆで卵と、ゆずポン酢、マヨネーズで和えてみました。

P7073327.jpg

インゲンは固茹でにして、鮭ふりかけをトッピング。 あああー、これは、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


花も実もある半夏雨

今年も、あっという間にもう7月を迎え、夏至から数えて11日目という半夏生 (はんげしょう)も過ぎました。
この半夏生の日に降る雨を半夏雨といい、古来わが国ではこの日の天気によって一年の豊作を占う習慣があったそうです。
今日の神戸は、半夏雨の降る、少しひんやりとした土曜日となりました。はて、今年は豊作になるのでしょうか ?

雨が続くと気が滅入ることもしばしばですが、しかし雨の日には雨の日なりの楽しみもまたあります。

雨粒が創り出す「かたち」。外に出るのは堪忍ですが、家の中からは見ていて飽きませんねー。(笑)
P7010698.jpg

雨雲が休憩している間に、散歩に出てみました。
大きな蔦の葉っぱの上の雨粒たち。こんなにもリズミカルな模様をつくる蔦の葉も雨粒も不思議ですねー。
P7043113.jpg

少し明るくなってきた空を見上げると、柔らかい透過光の向こう側にも雨粒たちの舞台が出来上がっていました。
P1013027.jpg

我が家近くの原っぱです。もう見渡す限りのシロツメグサ (クローバー)です。
P7043036.jpg

丘に上がると、元気一杯のナンキンハゼの花たちが出迎えてくれました。
P7043075.jpg

これはまだ青いトウカエデの翼果ですね。遠くへ飛んで子孫を残すための準備をしています。
P7043065.jpg

そしてこれは、トウネズミモチ(唐鼠黐)の花です。大きく火花を散らしている線香花火のようで見事ですねー。
P7043083.jpg

こちらはネズミモチ(鼠黐)の実です。まだ緑色ですが、これから段々と濃い紫色へと変わっていきます。
P7043154.jpg

長い間咲き続けてきた椿の花が終わって、立派な椿の実がなっていました。この実からツバキ油を採るのですねー。
P7043127.jpg

これからしばらくは、街はムクゲ (木槿)の花の季節となります。
P7043117.jpg

我が家へ戻ると、バルコニーでは大きな薔薇の花が、雨をいっぱいに受けて咲いていました。
P7040729.jpg


ときどき無性に食べたくなる和食の煮物。今日は小松菜が安かったので、厚揚げと一緒に炊いてみました。
P7043172.jpg

甘味がすっきりと程良く入った日本の煮物は、本当に絶品ですねー。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
本日も、ごちそうさまでしたー。


プロフィール

Oyran

Author:Oyran
♂ 神戸市在住

アーカイブ
過去の全てのタイトルは         このリンクをクリック

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【3件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【7件】
2014年 10月 【7件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【8件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【14件】
2014年 02月 【11件】
2014年 01月 【16件】
2013年 12月 【18件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【20件】
2013年 09月 【22件】
2013年 08月 【24件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【24件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【7件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【3件】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07