晴れときどき二胡

ケ・セラ・セラな 日常と、ときどき二胡のお話です ... の筈でした

 

小樽の街よ

札幌滞在も4日目となりました。
この期間は素晴らしいお天気に恵まれて、この季節としては我が街神戸と殆ど変わらないほどの過ごし易さでした。

ホテルから見る朝の札幌市街。天使の階がとっても美しいですねー。
PB034411.jpg

さて昨日は少し足を伸ばして、小樽の街をブラブラ散策してきました。
札幌からJR快速電車で30分ほど。かつて札幌の海の玄関口として繁栄した町です。
私は3歳ぐらいの頃に、小樽の坂の上の家に暮らしていた記憶がまだ残っています。もう60年も前の話ですが。(笑)
小樽には今も古い建物も多く残っていて、ちょうど私が暮らしていた昭和30年頃の雰囲気を観光資源としているようです。

小樽の象徴のひとつとも言える小樽運河です。周辺には古い石造りや煉瓦造りの建物が点在しています。
PB044423.jpg

一般の民家でも、かなりレトロな雰囲気のところが多いですねー。
PB044458.jpg

車屋さんもいました。ちょっと時代が混在しているかなー。(笑)
PB044448.jpg

北国らしく懐かしかったのはナナカマドの実です。我が家にもありました。昔は竹で造った豆鉄砲の玉にしたものです。
PB044444.jpg

それから普通の民家の壁一面に色鮮やかな蔦たち。小樽は蔦を這わせた家が多いのが印象に残りました。
PB044455.jpg

小樽を堪能して、ホテルのある中島公園に戻ってくると白樺の木立が出迎えてくれました。北海道の定番のシーンですね。
PB024368.jpg

私たちのすぐ目の前で、ゴジュウカラが木の幹の間を穿り返して食べ物を探しています。
PB044476.jpg

もうすぐ夕暮れです。
PB044481.jpg

暮れ懸かる藻岩山や手稲連山のシルエットがとても綺麗でした。
PB044484.jpg

小樽のレトロな倉庫を改造した居酒屋でいただいたお昼。
PB044440.jpg

ホタテやザンギなどもいただきましたが、締めはこのカニ飯です。
PB044433.jpg

こういう暖かいカニの食べ方は普段は意外としないものですね。あああー、ん、ん、んまいーっ !!
小樽の街、ごちそうさまでしたー。

スポンサーサイト

Comments
 
小樽はいいですよねえ。だいぶ観光地化が進んできましたが,
かつて札幌よりも人口の多かった往年の賑わいの雰囲気を演出しています。
とはいえ、近年は過疎地に指定されたほど人口が減ってきているようです。

ホタテ、ザンギ、カニ飯・・・ 美味しそうですねえ。
小樽に行くとつい寿司屋に入ってしまいますが、こうした居酒屋もいいなあ。
今度行くことがあれば居酒屋にします。

 びっくりぽんや~♪
蟹飯~飯が見えへんよ~
タレザンギ?
まったくどういう食べ物かわかりません(笑)
町の写真もいいけれど
もっと料理のお写真載せてく~ださい♪
 take さま
こんにちはー。
本当に何十年かぶりの小樽でしたが、すっかり観光地化
していましたねー。運河の周辺は土産物屋ばかりですし
歩いていてもお店でも聞こえてくるのは中国語ばかりでした。(笑)
別の意味でも時代の波を感じた1日でした。
 もも さま
あはは〜、全国各地を巡っておられるももさんが、秘密の道民食
ザンギをご存知ないとは、意外や意外、びっくりポンでーす。(笑)
ザンギは、北海道の鶏の唐揚げのことで、皮がパリッとしているのが
特長です。それを少し酸味のある醤油ダレをかけていただくのが
タレザンギです。
家庭で作る普通の唐揚などもニンニクやネギを刻んだ醤油ダレでいただくと
これがまた美味しいんですよねー。
 ブログ引っ越しました
すみません。コメント欄でお知らせさせてください。
takeのブログ「ほっと・らんだむ」をまた引っ越しました。

 http://takekaze.blog.fc2.com/

Live…rの使い勝手が悪く、写真の写りも悪いような気がするので、
古巣のFC2に戻しました。
引き続きよろしくお願いします。 

 take  さま
こんばんはー。
わざわざのご連絡ありがとうございます。
FC2へお帰りなさーい。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

Body
プロフィール

Oyran

Author:Oyran
♂ 神戸市在住

アーカイブ
過去の全てのタイトルは         このリンクをクリック

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【3件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【7件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【7件】
2014年 10月 【7件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【8件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【14件】
2014年 02月 【11件】
2014年 01月 【16件】
2013年 12月 【18件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【20件】
2013年 09月 【22件】
2013年 08月 【24件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【24件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【7件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【3件】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08